コンテンツへスキップ

今期の水いか加工について

昨年も過去に例のないような不漁でしたが、今期はそれを上回る不漁の状況が続いており、二年続けての不漁となってしまった状態です。
漁協、魚市に揚がる日々の水揚げは極端に少なく、過去にあまり例のないような高値での取引が続いております。
今期の水いかの加工は、そういった状況のため思うような仕入が出来ない関係から、満足な原料確保が出来ず、恥ずかしながら現在十分な製品在庫を持てていない状況です。
実際、中型、小型のサイズは、例年晩秋までの水揚げが多い関係もあり、通年での販売が難しい状況となってきました。最悪の場合、年末にかけて一時在庫切れとなる可能性もございます。
また、お刺身用の生水いかは今期の加工を取り止め、塩辛に関しても二年続けての不漁のため満足な原料確保が出来ないため、どちらも販売を休止した状態です。
今後の水揚げに期待したいところですが、見通しとしてはあまり芳しくありません。
年末年始に例年ご利用頂いてお客様にはご迷惑おかけすることもあるかと思いますが、状況をご考慮頂き、平にご容赦ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です