コンテンツへスキップ

今期の水いか加工

本年も9月下旬より水いか加工を開始致しております。

一昨年、昨年と二年続けて過去に例のないような水いかの不漁が続き、それに併せ、水いか浜値の取引相場も大きく高騰してしまいました。
その間、何より水いかの日々の水揚げが少なかったこともあるのですが、当方としては何とかここを凌ぎ皆様にご迷惑かからないようにと昨年末までは水いか製品の値上げを控えたことも影響し、満足な仕入、加工を出来ませんでした。
それにより一部商品が欠品状態となり、ご迷惑をおかけしたお客様もございました。

本年は新物加工が始まる9月までの諸々の状況から、今後もこのまま高値が続くことが予想され、このままでは仕事を続けていくことも危ぶまれるような状況でもあり、不本意ながら製品販売単価の全面的な見直しをさせて頂いたところです。

そして、本年の水イカの水揚げは、昨年程の不漁ではないものの豊漁と呼べる程の水揚げとはほど遠く、当初の予想通り、浜値は昨年並みの高値での取引となっているのが現状です。

それでも、9月末より何とか原料仕入、加工を続けさせて頂くことができ、まだまだ十分とは言えませんが、昨年のような欠品にてご迷惑かけない程度には製品を造ることが出来ております。

さて、毎年年末の需要期に併せご購入履歴のある個人のお客様へダイレクトメールをお送りさせて頂いております。
これに併せ、一部水いか製品へ僅かながらの値引をつけさせて頂いておりました。
しかしながら、昨年、一昨年と上記のような状況であったため値引を取りやめておりました。

価格見直しをさせて頂いたとはいえ、当方としては本年もまだかなり厳しい状況ではあり、あまり余裕のある状況ではないのですが、お客様への日頃の感謝を込めまして、ダイレクトメールをお送りした方のみとなりますが、するめ、一夜干しに例年通りの値引をさせて頂くことと致しました。
お送りしたダイレクトメールにその旨記載させて頂いております。

ダイレクトメールを受け取られた方は是非ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です